FC2ブログ
千葉県山武市で就農。命をとりあげる産婆さんにちなんでサンバ。持続可能な農業を目指して健康でおいしい野菜を栽培中。飲食店向けに販売!
<ニンジン>栽培講習会
木曜日

夜は横浜植木さんのニンジン栽培講習会。
山武や富里はニンジンの産地です。
土質もマッチしておいしいんですよー!

秋冬ニンジンでは、周辺の有機農家は、作りやすいという理由で横浜植木のはまべにがが多いです。

播種適期は8月5日を中心として7月25日~8月15日。 それより前だと黒葉枯れの発生などで品質は劣化します。

らいむだと12月上旬~収穫、はまべには12月中下旬以降の収穫。ということで、
年内どりでらいむ、年明けではまべにと分けてもいいかもしれません。

早く収穫したいなら株間を広く8cmくらいとると、10日~2週間早まることには驚きました。

加工向けにはゆめはま。重量がのるので8トン/10aもとれるとか!?
食味は気になりますが、すごい収量です。

軸が細いほうがおいしく栄養価も高いニンジンなんですね。太いと薄まるとのことで、窒素を効かせすぎずに木をつくることが大切なんですね。

施肥したあとは浅く耕すことにより、根を浅く分布させて吸肥を確実にさせると初期生育がいいらしく、
深いと根が下がって湿害を受けやすくなるようで、気をつけたい点です。

太陽熱マルチ消毒をすると発芽が悪いという現象については、よくわからないとのことです。

今年は、太陽熱マルチをはがしたあとにまず5時間くらい灌水して翌日播種してみようかと考えています。
播種後灌水よりは表面をたたくおそれもないし、大量に水をまける分、水持ちがよさそう、というイメージです。
関連記事
スポンサーサイト



Posted by サンバファーム
comment:0   trackback:1
[ニンジン
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sanbafarm.blog98.fc2.com/tb.php/731-634a442d
trackback
木曜日夜は横浜植木さんのニンジン栽培講習会。山武や富里はニンジンの産地です。土質もマッチしておいしいんですよー!秋冬ニンジンでは、周辺の有機農家は、作りやすいという理由で横浜植木のはまべにがが多いです。播種適期は8月5日を中心として7月25日~8月15日。 そ...
| まとめwoネタ速neo | 2012.06.23 07:40 |