fc2ブログ
千葉県山武市で就農。命をとりあげる産婆さんにちなんでサンバ。持続可能な農業を目指して健康でおいしい野菜を栽培中。飲食店向けに販売!
<台風15号>被害 と放射能汚染
木曜日

昨日午後関東を通り過ぎた台風15号。
すさまじい風でした。
17時~18時ころがピークで、雨風とも強烈でした。

翌朝、防虫ネットは吹っ飛ばされ、畑は雨水でえぐられてずたずたでした。
作物への影響は株ごと飛ばされたり折られていたズッキーニの被害が一番大きかったです。

5

1

小カブのネットがあちらこちらへ散乱。
3

折れ曲がったパイプは6本。
4

2

痛々しいね。
1

防虫ネットのパイプの間隔は2mでは広すぎたか。1m間隔でやっている人は飛ばされていなかったので。
次は1.5m程度の間隔にしておくかい。
ちょうど熊本から叔母が遊びに来ていたのですが、向こうは台風もよく来るということで、
備えは万全にしておくようです。我が家ではバケツやら鉢植えやらを出しっぱなしで台風への備えが甘かったですね。

とはいえ、ネットは人の力で張り直せばいいし、折れた作物もまた作るチャンスはある。
今回の天災で日本は大きな被害を受けました。もちろん人的被害も。
けれど農業は続けられます。
これに対し、放射能で汚染された土地はどうでしょうか。
二度と耕作できない、してはいけない場所が発生します。
見た目は以前と変わらないのに、生活できない、農業ができない状況に一変します。
経済、電力不足、雇用などの不安はあるでしょうが、どんなに安全を確認するとはいえ事故は起きます。
事故が起きるとそこは死の町になります。元大臣の言うとおりです。
放出してしまったら手におえない核物質を発電所で扱うことを考え直していかなければならないと今回の天災を経験して改めて思いました。
関連記事
スポンサーサイト



Posted by サンバファーム
comment:0   trackback:0
[震災(汚染、支援)
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sanbafarm.blog98.fc2.com/tb.php/486-6040be32
trackback